スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

なんとまぁ長い振りだこと…

37S3月5週

S370305-1.jpg
56.9%+6.666…%=63.566…%
で繰り上がりっと。
257+7=264
勝つのは嬉しいけれど表が全然埋まらないまま(; ̄Д ̄)まぁしょうがないかぁ。

で今日も明日も出走なーし(・ω-)v

何するかなぁって考えてたところに、あるふぁさんからコメントが・:*:・゚☆d(≧∀≦)b゚+.゚コレダ!

今日と明日は生産と繁殖牝馬のお話にしよっと。

ではグデグデ~っと。

生産において種牡馬よりも繁殖牝馬に重きをおくべきってのは今でも同じ考え。おおなんと唐突!
インブリードかアウトブリードか。ニックスか個性影響か。
全然結論が出る気配ないんだけれど、3歳馬たちそこそこ走れているもん。
やっぱり繁殖牝馬は大事~♪ってことよね。(⌒▽⌒)

あれこれ検証できるようになるのはまだまだ先。そりゃそうだ。パラ見積もってからの引退馬はまだ2頭だもん><
ただ同じキングマンボ×クリフジ(アウトブリードノンニックス)で2頭が引退したので個性の影響ちょい実感しました。
個性影響がプラスのウルウルは2勝馬、マイナスのテリアは未勝利。
パラがほぼ埋まっていたウルウルにくらべテリアは未完成だったからってのもあるんだろうけど。
個性影響でつく差は思った以上に大きいのかも。
ならノンニックスで個性影響を中心に伸ばしたいパラ計算しながら生産するのかっていうとこれもまた微妙。

パラが完成しているクレープがロングスパートを習得しました。でタイムがコンマ7秒も伸びたの。
もちろん3歳馬だから若馬に対するマイナス補正が小さくなったとか~、もともとの持続が低かったのでは~
ってのもありそうだけれど。アビの威力恐るべし。
ということは馬の個性を想定しながら生産できるニックスはアビ勝負で有利に立てる。

インブリード生産の4頭のうち下ろしていないジャック以外の3頭は500万突破できたからインブリードによるマイナスは初期では気にしないで良いのかも♪なんて思ったりしています。

うん。結局よく分かっていないんだ。予想以上のグデグデっぷり。

そんなこんなしながら自分なりにやろうと思っているのが指標作りなんです。
ちょっとずつ厩舎の馬のレベルを上げていくときにどのパラを優先するべきなのか。
各能力が実際のタイムにどれだけ影響しているのか。
少しずつでも把握していきたいなぁなんて思っているのです。
もちろんまだまだの研究段階。ひょっとしたらみかんだけに未完に終わる(; ̄Д ̄)ユビガカッテニ…

さてと。
で、私が作りたいなぁって思っているものを書き出すと~、
1.繁殖牝馬の評価
2.競走馬の評価
3.新馬のパラ見積もり
4.パラと時計予測
5.勝ち時計基準
とりあえずこんな感じ。完成したところで勝てるようになる訳じゃないんだけれどねぇ。
こーゆーの好きなんだo(〃▽〃)o♪

5.はデータ取ってまとめる作業だからそのうち完成すると思う。
面倒がって後回しにしているけどそろそろやらねば~って頃ね。
3.はもう少し引退馬のデータが集まるまでは前のを修正しないで使おうと思ってます。
1.2.4.は最終的には連動していくものだと思うのだ。さーっぱりだけどね(ノ・・)ノ

4.に関しては
馬場適性が1段階違うとコンマ3秒ほど変わる。
パワーと瞬発は馬場に関係なしに同程度影響していそう。
ってなぐらい。これだけでもテリアとパフェに感謝ね。
でも肝心のスピードとスタミナはチンプンカンプンの状態なんよ。持続が見えないのがネックねん。
今の競走馬たちが引退してくるともう少し見えてくるのかなぁ。でないと計時に費やしている時間が(; ̄Д ̄)

この4.が見えてこないと1.2.がなんとも言えん、なんだけれど。
1.に関してはこんなもんじゃろって使っている基準があるのだ~ヾ(@^▽^@)ノ
何とも微妙な85点法っす~。

明日書くこと無いの嫌だから今日はここまで。えへ(ノ∇≦*)
スポンサーサイト

別窓 | 競馬伝説 日記 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<繁殖牝馬の評価~昨日の続きねん~ | みかん×競馬伝説! | 新馬1頭目入厩w名前どうしよ^^>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| みかん×競馬伝説! |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。